当サイト特別特典!紹介制度で2,000円ゲットする方法 ≫
PR

Jointo α(ジョイントアルファ)東証上場企業の安心運営!特徴や口コミを徹底解説!

不動産クラウドファンディング
この記事は約10分で読めます。

西日本最大級のマンション開発戸数を誇る「あなぶき興産」による投資プロジェクト。「あなぶき興産」は分譲マンションの展開や不動産の再生等、長年不動産を扱う大企業です。「Jointo α(ジョイントアルファ」は東証上場企業の運営による安心感のある不動産クラウドファンディングです。

不動産小口化商品を1,200万円以上運用中の私ナマケモンが、「Jointo α」のお得情報やメリットデメリット等情報満載でまとめてます。
「Jointo α」に興味がある方皆様に有益な情報をお伝えできると思っておりますので、ぜひ御覧ください!

ナマケモン
ナマケモン

今なら新規会員登録で1,000円プレゼント

記事作成
☆この記事を書いた人☆
ナマケモン

✅1,200万円みんなで大家さんに出資中
✅10年以上の投資経験あり
✅本業は建築士で1級建築士の資格保有
✅最近「みんなで福祉」に100万円出資
✅みんなで大家さんの出資経緯はこちら
COZUCHIの期間限定キャンペーンを応援中📣

ナマケモンをフォローする

「Jointo α」って何?

「Jointo α」は不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型のクラウドファンディングです。インターネット上で出資者を募集し運営会社が不動産事業を行います。

ナマケモン
ナマケモン

みんなでお金を出し合って不動産を取得しよう!運営は「Jointo α」に任せるから運用益だけちょうだい!って商品です☆

不動産クラウドファンディングである「Jointo α」は株式等よりリスクを抑えながら債権や社債等より高いリターンを目指す、ミドルリスク・ミドルリターンの投資サービスです。
実物不動産よりは収益性は多少劣りますが、不動産登記や運用管理などの手間を「Jointo α」が行ってくれるのは魅力的です。

「Jointo α」の契約から利益の分配までのシステムは以下の通り。左上の優先出資者が我々で右下の劣後出資者が事業者である「あなぶき興産」です。あなぶき興産は劣後出資者でもあり営業者でもあるため、営業者であるあなぶき興産と投資家とは匿名組合契約を結んでいます。

不動産クラウドファンディングとしては一般的な匿名組合契約を結び、我々出資者が優先出資者となり、劣後出資者が「Jointo α」となる優先劣後方式を採用しています。

優先劣後方式とは、元本の評価が下落した場合、劣後出資者が出資した価格分だけ劣後出資者が負担するもので、優先出資者である我々にメリットのある方式となっています。
「Jointo α」では劣後出資は15〜30%としています。

もちろん投資商品なので元本保証はありませんが、我々出資者に魅力的な商品となっています。

以下「Jointo α」の主な特徴です。

Jointo α(ジョイントアルファ)
年利2〜6%
運用期間6〜12ヶ月
最低出資額10万円
申込手数料無料
分配金受取運用後一括受取
優先劣後採用(優先70〜85%)
契約形態匿名組合型
確定申告必要(雑所得)
源泉徴収所得税20.42%
手続きWEBと郵送で選択可能
元本保証なし
中途解約不可
サービス開始2019年
>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

今行っているキャンペーンはこちら

「Jointo α」は現在お得なキャンペーンを行っています!

新規会員登録キャンペーン

新規会員登録でもれなくamazonギフト券1,000円分をプレゼント!
会員登録は無料なのでこの機会に会員登録するとお得に不動産クラウドファンディングを始められますね!期間限定なので安定的に分配金を受け取ることができる「Jointo α」を検討している方は、この機会を逃すのはもったいないですよ!

期間:2023年10月10日(火)~2024年6月30日(日)
内容:期間中に会員本登録まで完了した方へ「Amazonギフト券1,000円分」をプレゼント

※仮登録の状態では、プレゼントの対象となりません。
※特典プレゼントについては、おひとり様1回のみです。別メールアドレスでも同じ情報(氏名・生年月日など)での登録は重複とみなし特典プレゼント対象外とさせていただきます。
※プレゼント対象者は、上記期間内に本人確認コードのご入力が完了した方となります。
※会員本登録完了とは、本人確認書類の提出、事務局による審査完了、本人確認コードの入力まで完了した状態を指します。
※プレゼントは、Jointoα事務局にて本人確認コードの入力完了日を確認後、1か月以内にお届けさせていただきます。

>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

「Jointo α」のメリット

①東証上場企業による豊富な実績と安心感

当商品の運営者は東証スタンダード市場に上場している「あなぶき興産」です。多くの不動産クラウドファンディング事業者が上場していない中で、東証上場企業が運営している「Jointo α」はかなり魅力的です。

東証スタンダードは証券取引所が定めた厳しい基準をクリアした企業のみが上場できます。それによって社会的信用度が格段に上がります。

「他の上場していない運営者のファンドはどのような財務状況でどのような運営なのかかわからないから詐欺の可能性もあるんじゃないか。透明性のない企業に大事な資産を預けられない。」と考える投資家の方もいらっしゃるかもしれませんが、「Jointo α」はその点透明性が高く多くの株主の厳しい目にさらされているため、比較的安心して出資が可能です。そして株式投資の配当利回りと比べても高い還元性を持っており、「Jointo α」の優位性は明らかだと言えます。

また、自社で所有する投資用区分所有マンション等を取り扱っているため出口戦略も取りやすく、当該ファンドを売れなくなったということが起きづらいのも特徴です。

②劣後出資比率が比較的大きい

優先劣後方式を採用しており、投資家の元本が守られるシステムを導入していますが、他の不動産クラウドファンディングでは劣後出資比率が5〜20%程度が多いところ、「Jointo α」は15〜30%の比率となっています。

もし想定よりも物件の価値が落ちた場合、劣後出資者の元本から毀損していくため、劣後出資者の出資比率が大きい「Jointo α」は比較的安心な商品と言えます。

劣後出資比率
Jointo α15〜30%
TECROWD10〜30%
みんなで大家さん20%
みらファン20%
えんfunding20%
Victory Fund1〜10%

③全国の物件に出資できる

西日本最大級のマンション開発戸数をほこるあなぶき興産による商品のため、地域を絞らず多様な地域に立地する商品を展開してくれています。

首都圏や関西圏はもちろん、北海道や長崎、香川等色々な地方の物件がファンドとして組成されています。それぞれの知見や居住地等を元に地域を豊富に選べるのは嬉しいですね。

また、最近のファンドは1つのファンド20のマンションに一括出資できるインデックスファンドのような商品も出ています。少ない出資額で全国に分散投資できる商品が出ているのは魅力的ですね。商品の概要は下の方に記載していますが先にそちらの段落を読みたい方はこちらから。

>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

「Jointo α」のデメリット

①利回りが控えめ

他の不動産クラウドファンディングは7%以上の利回りのものも多々ありますが、「Jointo α」は2〜6%と比較的控えめです。安心感のある東証上場企業が運営を行っている「Jointo α」を取るのか、少しリスクを取って高い利回りの商品を扱っている別の不動産クラウドファンディングにするかでしょう。ちなみに少しリスクを取って高利回りを狙うのであれば、私も出資しているCOZUCHITECROWDがオススメです。

利回り最低出資額
Jointo α2〜6%10万円
COZUCHI3〜20%程度※1万円
TECROWD7〜11%10万円
※キャピタルゲインにより大きく上振れる可能性あり

②中途解約不可

「Jointo α」は中途解約不可となっています。運用期間が短いため大きなデメリットではないかもしれませんが、急にまとまったお金が必要になったときに出資した金額を引き出すことができないことに注意しましょう。

>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

「Jointo α」の口コミ、評判

では「Jointo α」に対する他の方の評判はどうでしょう。Twitterの口コミをいくつかピックアップしました。

GOODな噂

派手な利回りはないものの、あなぶき興産の商品という安心感安定感から魅力を感じている人がいるみたいですね。またきちんと償還された方もいらっしゃいました。

BADな噂

「Jointo α」の人気が高く出資できなかった意見が多かったです。また、コロナの影響で募集延期になったファンドもあったみたいですね。

>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

「Jointo α」の運用実績

「Jointo α」は現在27ものファンドが運用を終了し、2つのファンドが運用中です。以下ファンドの1例をご紹介します。

エリア分散型アルファアセットファンド第五弾

2024年1月17日に募集を開始したエリア分散型アルファアセットファンド第五弾の概要は以下のとおりです。

エリア分散型アルファアセットファンド第五弾
予定分配率3.0%
運用期間12ヶ月
配当日2025年2月
募集形式匿名組合型
募集金額425,000,000円
投資単位10万円/1口
用途住戸
特徴20物件に分散

他社のファンドでは1物件に付き1ファンドを組成することが一般的ですが、このファンドは20物件の詰め合わせパックなので、少ない出資額でも分散して投資していることになります。卵は一つ画のかごにあつめるなという投資の鉄則からインデックスファンドは人気の投資商品ですが、この商品も物件の地域や建物を分散することでリスク分散されています。

>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

「Jointo α」に出資するまでの流れ【画像あり】

興味が出た方はとりあえず会員登録してみましょう。その後お気に入りの物件の情報が出たら出資を検討するといいと思います。

出資の流れはスマホで簡単!郵送による本人登録も可能ですが、手間いらずのスマホがオススメです。

【スマホで本人確認を行う場合】
①会員仮登録
②スマホで本人確認
③会員本登録
④本人確認コード受領
【スマホ以外で本人確認を行う場合】
①会員仮登録
②会員本登録
③本人確認書類
④ハガキにて本人確認コード受領
まずは会員仮登録のための入力です。
メールアドレスやパスワードなどの設定が必要です。
こちらで会員仮登録完了!
私はこのあとスマホを使って本人確認に進みました!
スマホによる本人確認をされる方は運転免許証やマイナンバーカードなどをご用意ください。
オンラインによる本人確認にはiOSやAndroidの最新バージョンが推奨されています。
スマホで撮影してカードの厚みや記載事項を確認します。
あとは画像の確認を行い本人確認完了です!
その後ファンドに申し込み、出資ができれば入金で出資完了です!
ちなみ郵送ハガキによる本人確認には運転免許証やマイナンバーカード以外にも以下のようなカードが対応しています。
>>Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイトを見てみる

まとめ

今回は「Jointo α」についてまとめました。
本商品は少し利回りは控えめですが、東証上場企業が運営している安定感から大変人気な商品です。
当記事が皆様の投資判断の一助になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました